プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2006年 > 7月26日発表

第2回目のワンセグ初期ユーザー調査結果を発表

2006/07/26

6/18(日)のワンセグ視聴は、クロアチア戦の放送時間帯で最も多い
休日は、平日に比べ、日中の外出先や移動途上での利用シーンが増加
よく利用されたデータ放送サービスは「W杯サッカー情報」「スポーツ」

調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(東京・台東 梅田佳夫社長)は、年内4回にわたり、「ワンセグ初期ユーザー調査」を実施している。この度、第2回目の調査を実施し、調査研究レポート「ワンセグ初期ユーザー調査[2]」(2006年7月20日発刊)にまとめた。

今回の調査は、6月18日夜に行われたサッカーW杯の日本対クロアチア戦の試合終了直後に、対象のワンセグ携帯ユーザーの携帯電話にアンケートを配信し、300人から有効回答を回収した。所有機種の内訳は、auW33SAが136人、auW41Hが116人、docomoP901iTVが38人、発売から3週間の新機種vodafone905SHは10人となっている。

5月に実施した第1回目の調査は平日の利用実態を調べたが、今回の調査では、6月18日の日曜日とし、休日であるその日一日の利用状況を詳しく調べるとともに、キラーコンテンツであるサッカーW杯が、ワンセグ・サービスの利用にどう影響するかを探ることを目的とした。

今回の調査では、「ワンセグ視聴」を経験しているのは全体の77.0%(231/300)となり、「データ放送利用」をしているのはワンセグ視聴をしている人の69.3%(160/231)、全体の53.3%(160/300)という結果となった。また、指定した休日6月18日 日曜の利用状況をみると、「ワンセグ視聴」は全体の35.0%(105/300)、「データ放送利用」はその45.7%(48/105)、全体では16.0%(48/300)であった。

6/18(日)のワンセグ視聴は、クロアチア戦の放送時間帯で最も多い

6月18日のワンセグ視聴の時間帯は、クロアチア戦が放送された「22時台」「23時台」で高い。所有者全体のそれぞれ12.0%、11.3%、この日にワンセグを視聴した105人では、それぞれ3割以上がこの時間帯にワンセグを視聴していることがわかる。【図1】

【図1】 指定日(休日:6月18日)のワンセグ視聴時間帯

休日は、平日に比べ、日中の外出先や移動途上での利用シーンが増加

指定日にワンセグ視聴した時間帯を、6月調査の休日と5月調査の平日で比較する【図2】と、プライムタイムとは別に、休日の視聴は11時から16時台にかけての日中の視聴が多い。

視聴場面をみると、平日よりも休日は「交通機関の中で」「駅前や公園での待ち合わせ」「クルマの助手席や後部座席で」「お店の中で」「順番を待っているとき」など外出先や移動途上の様々なシーンで視聴機会が増えていることがわかった。自宅では休日・平日に限らずよく利用されているが、平日が「自宅のテレビのない部屋で」が多かったのに対し、6月18日は「自宅のテレビのある部屋で」が多くなっている。【図3】

【図2】 休日と平日の視聴時間帯比較
注:6/18日はプライムタイムを1時間ごとに区切って質問。比較図では2時間ごとで表記。
  
【図3】 休日と平日の視聴場面比較

6/18(日)によく利用されたデータ放送サービスは、「W杯サッカー情報」「スポーツ」

6月18日に実際に利用したサービスではデータ放送利用者48人のうち、「W杯サッカー情報」「スポーツ」がいずれも約7割。「スポーツ」は平日ではデータ放送利用者のうちの2割程度だったのと比較してかなり高くなっている。クロアチア戦はデータ放送の視聴内容に大きく影響したといえそうだ。なお、「天気・災害情報」「番組ナビ」「占い」の休日の利用は平日に比べて減っていることがわかった。

<ワンセグ初期ユーザー調査[2] 調査概要>

主な調査項目
指定した休日の利用状況(6月18日)
クロアチア戦関連のデータ放送利用
ワンセグ・サービスへの評価と要望
ユーザーの背景(テレビの視聴環境、基本属性)
調査対象
ワンセグ携帯ユーザー300人
auW33SA 136人、auW41H 116人、docomo P901iTV 38人、vodafone905SH 10人
調査方法
携帯電話によるインターネットアンケート
調査期間
2006年6〜7月 調査実施は2006年6月18日(日)深夜〜
調査レポートの発刊
2006年7月20日

<既刊>

ワンセグ初期ユーザー調査[1]
2006年6月20日発刊
第1回目は本サービス開始前発売の3機種のユーザー300人を対象。5月の平日の利用状況等を調査。

<継続調査>

ワンセグ初期ユーザー調査[3][4]の予定
第3回目は本サービス開始から半年が経過した9〜10月頃、第4回目はナンバーポータビリティサービス開始後の11〜12月頃を予定している。
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 両方

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得