1. HOME
  2. ニュース
  3. 【新刊レポート紹介】2022年版 高齢者/病者用食品市場総合分析調査

最新ニュース

お知らせ

プレスリリース

【新刊レポート紹介】2022年版 高齢者/病者用食品市場総合分析調査

2022年版 高齢者/病者用食品市場総合分析調査

<本書のポイント>
◆ 2017年~2021年までの販売実績、2026年までの売上予測を掲載
◆ 濃厚流動食、ゼリー類、とろみ増粘剤の商品別売上推移がわかります
◆ 販売ルート、今後の注力チャネル、注力分野がわかります
◆ 各社の販路別戦略、在宅向け取り組みがわかります
◆ 本文中の商品別売上(2019年度~2021年度)をExcel®形式でまとめたものを販売しています。
  (Excel®版単独での販売はございません。)

市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、このほど、高齢者/病者用食品の販売動向について調査を行い、その調査結果を、レポートとしてまとめ発刊しましたのでお知らせいたします。

わが国は諸外国に例を見ない速さで高齢化が進んでいます。2021年9月現在での65歳以上人口は3,640万人で、前年より22万人増加、過去最高となりました。総人口に占める65歳以上の高齢者の割合(高齢化率)は29.1%で、同じく過去最高となっています。総務省統計局によれば、この割合は今後も上昇を続け、第二次ベビーブーム世代(1971~74年生まれ)が高齢者となる2040年の高齢化率は35.3%になる見込みです。

このような時代背景を踏まえ、高齢者/病者用食品のニーズは年々高まっており、市場は堅実な成長を続けています。参入メーカー大手の明治やクリニコなどは、従来の病院や高齢者施設だけでなく、在宅の患者や高齢者をターゲットとした販路の開拓を目指し、ドラッグストアや通販を通じた製品展開を拡大。一方、ネスレや大塚製薬工場、テルモなどは入院患者をターゲットとした新たなカテゴリーの製品を開発・投入しています。

今後は、社会、時代のニーズに応じて、より科学的エビデンスに基づいた適切な治療食、介護食の研究開発が求められるとともに、対象となる高齢者や患者に「食べるよろこび」「生きるよろこび」を与えられる食品の開発が期待されています。

2022年版の本書では、上記のような状況を踏まえ、参入企業の開発動向、商品販売動向を時系列に捉え、今後の高齢者/病者用食品市場を予測しました。

本書の詳細とご購入はこちら
http://store.seedplanning.co.jp/item/11317.html

本書のポイント、掲載内容、掲載例、調査概要は以下の通りです。

本書のポイント

◆ 2017年~2021年までの販売実績、2026年までの売上予測を掲載
➣ 高齢者用食品(濃厚流動食品および介護食)市場は、新型コロナウイルス禍の影響もあったが、2022 年以降回復傾向にある。2021 年度の市場規模は約1,277 億円。高齢者人口の増加、適切な物性/組成の製品採用の増加により、今後は103%以上の成長が期待され、2026 年には1,510 億円となることが推計される。
高齢者用食品市場の推移(2017年~2021年)と予測(2022年~2026年)
➣ 病者用食品(いわゆる治療食)市場は2021 年で約386 億円。腎臓病対応食、糖尿病対応食、大腸検査食市場が縮小している一方で、高齢者の低栄養対策としての褥瘡・PEM 対応食市場が拡大している。市場全体では102%前後の微増を続け、2026 年には430 億円を超える。
病者用食品市場の推移(2017年~2021年)と予測(2022年~2026年)

掲載内容

掲載内容1
掲載内容2
掲載内容3
掲載内容4

掲載例

「Ⅰ.調査結果のまとめ」に掲載の「食品分野別市場規模推移と予測」

「Ⅰ.調査結果のまとめ」に掲載の「食品分野別市場規模推移と予測」

「Ⅰ.調査結果のまとめ」に掲載の「企業別参入分野」

「Ⅰ.調査結果のまとめ」に掲載の「企業別参入分野」

調査概要

調査対象

【調査対象商品】
 濃厚流動食品、咀嚼・嚥下補助食品、腎臓病対応食品、糖尿病対応食品、
 褥瘡・PEM対応食品、鉄・カルシウム・ファイバー補強食品、大腸検査食品
【調査対象企業】
 主要参入企業50社
 (明治、クリニコ、ネスレ、キユーピー、テルモ、ヘルシーフードなど)

調査項目

(1) 販売実績(2017 年~2021 年)と売上予測(2022 年~2026 年)
(2) 食品分野別取り扱い状況    (3) 主要売上商品と販売額
(4) 2022 年度新商品
(5) 販売ルート(全病食、医薬品卸、食品卸、病院給食事業者、直販/通販)
(6) 施設向けと在宅向けの比率   (7) 今後の注力分野、注力商品
(8) 在宅向け取り組み       (9) 原材料価格上昇対策
(10) 海外展開について

調査方法

アンケート調査及びヒアリング調査、公開情報収集

調査期間

2022年4月~6月

レポートの概要

レポート名

2022年版 高齢者/病者用食品市場 総合分析調査

発刊日

2022-06-30

体裁

A4 / 386ページ

価格
書籍版またはPDF版
書籍+PDFセット版
PDF+Excel版
書籍+PDF+Excel版
PDFコーポレート版
書籍+PDFコーポレート版
PDFコーポレート版+Excel
書籍+PDFコーポレート版+Excel
132,000円(税込)
165,000円(税込)
165,000円(税込)
187,000円(税込)
330,000円(税込)
363,000円(税込)
363,000円(税込)
385,000円(税込)

【Excel版】本文中の商品別売上(2019年度~2021年度)をExcel形式でまとめたものとなります。
① 濃厚流動食、栄養・水分補給飲料 商品別売上
② ゼリー・ムース類、ゼリー状飲料(液状・粉末) 商品別売上
③ とろみ増粘剤・固形化補助剤 商品別売上
※Excel版単独での販売はございません。

掲載内容(目次)

本リリースの「 掲載内容 」の項をご参照ください。

本件に関するお問合せ先

株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル 4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
広報担当

最新記事