セミナー/フォーラム

ホーム > セミナー/フォーラム > その他のセミナー/フォーラム > 第1回 東南アジア医薬品セミナー
開催趣旨 | プログラム | 講師略歴 | シンポジウム概要 |会場

7/19(金)開催セミナー「第1回 東南アジア医薬品セミナー」


「第1回 東南アジア医薬品セミナー」

日 時:2019年7月19日(金) 13:30 - 17:00(開場 13:00)
会 場:株式会社シード・プランニング 4階セミナールーム
参加費:5,000円(税込)

開催趣旨

 ASEAN諸国は人口6億5千万人、GDPが2兆8千億ドル(いずれも2017年時点)を抱え、医薬品については域内において様々なレギュレーションのハーモナイズ化や規格・標準の共通化、インフラ整備が進み、より一層注目すべき市場となっています。一方、各国で個別に異なる状況、ルールがあり、その情報を日本国内で入手することは簡単ではありません。
 そこで本セミナーは2名の専門家を講師に迎え、ASEAN市場の概況と、インドネシア、タイについての市場の現状、制度についてお話いただきます。講師のラッキー S. スラメット氏はインドネシアのFDAに相当する政府機関BPOMの前長官であり、貴重な来日公演となります。  東南アジアへの医薬品市場にご関心のある方はもちろんのこと、食品、化粧品のレギュレーションに関心のある皆様もぜひご参加いただければと思います。

プログラム

13:30−14:10

「ASEAN諸国の医薬品市場の概況」

松原 喜代吉 氏

14:10−15:40

「インドネシア医薬品市場の現況と承認審査」(通訳付き)

Ms. Lucky S. Slamet(ラッキー S. スラメット氏)

16:00−17:00

「タイの医療保険・薬価制度の概要と最近の動向」

松原 喜代吉 氏

講師略歴

松原 喜代吉 氏

日本大学法学部卒業。内資・外資系製薬企業に26年間勤務し、MR、営業所長、支店長、病院部長、特約店推進室長、戦略企画室長等を務める。2004年3月、有限会社オフィス・メディサーチを設立し、取締役社長に就任。2008年より、城西国際大学非常勤講師を兼務(医療経営論)。中小企業診断士(2001年登録)。

Ms. Lucky S. Slamet (ラッキー S. スラメット氏)

前The National Agency of Food and Drug Control Indonesia(BPOM)の長官。BPOMは、米国のFDAに相当するインドネシアの医薬品(医療用医薬品・一般用医薬品・麻薬/常習性医薬品・ワクチン)・医療機器・食品/サプリメント・化粧品の審査/認証/承認、規制、監督を行う政府機関で、長く要職を歴任。更にWHOの専門部会メンバー等の要職も歴任し、現在もタイやベトナムをはじめとする東南アジア諸国での医薬品・医療機器・食品等の規制・登録の共通化や教育、指導等を行う立場にあり、特に東南アジア諸国の登録・規制の実務も含めて最も精通されている方の一人。現在もBPOMのアドバイザーであり、またWHOの専門部会のメンバーとして活躍され、WHOをはじめとする世界各地での協議会、学会や講演会でも今なお積極的に活躍されており、また、インドネシア大学をはじめとする基幹大学・大学院での講師も務める。日本のPMDAとの交流も深く、PMDAとBPOM間での定期的な協議会を開催する等にも尽力。

シンポジウム概要

開催日 2019年7月19日(金)
開場 13:00
参加費 5,000円(税込)
主催 株式会社シード・プランニング
会場 <シンポジウム>
株式会社シード・プランニング 4F セミナールーム
〒113-0034 東京文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
交通アクセス 地下鉄千代田線 湯島駅 徒歩3分
       地下鉄銀座線 末広町 徒歩7分
       地下鉄銀座線 上野広小路駅 徒歩7分
       地下鉄大江戸線 上野御徒町駅 徒歩8分
       JR 御徒町駅 徒歩12分
       地下鉄日比谷線 仲御徒町駅 徒歩15分
       JR御茶ノ水駅 徒歩10分
申込方法 「第1回 東南アジア医薬品セミナー」参加お申し込みフォーム
より必要事項をご入力の上、お申し込みください。

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得