セミナー/フォーラム

ホーム > セミナー/フォーラム > その他のセミナー/フォーラム > 横浜市 ヘルスケアビジネス 新規参入 促進セミナー
セミナー概要 | 会場 | プログラム | 参加方法

横浜市 ヘルスケアビジネス 新規参入 促進セミナー

横浜から 始まる!      
ヘルスケア ビジネス の 新潮流
(横浜市 ヘルスケアビジネス 新規参入 促進セミナー)

セミナー趣旨

 今後の成長が期待されるヘルスケアビジネス市場は、健康経営を支えるサービス、健康保持・増進に役に立つ商品・サービス、健康状態を把握できるデバイス・サービス、健康を害する可能性を防ぐ商品・サービス、健康的で身体負荷のかかりにくい住環境を提供する商品・サービスなど、様々な新規参入の可能性を見出すことができます。
 横浜市は職域の健康づくりの取り組みを、企業の将来への投資と捉え、地域の「健康経営」の実践と普及を支援しながら、ヘルスケアビジネス産業の振興と発展に向けた施策を推進しています。
 このセミナーは健康経営やヘルスケアビジネスの最新動向を解説し、先進的に活躍する企業の参入経緯や取り組み内容、今後の市場発展の可能性などについて、各社の事例を交えてご紹介します。

セミナー概要

開催日 2018年10月30日(火)
開催時間 セミナー  14:00〜17:00(開場13:30〜)
主 催 横浜市経済局ライフイノベーション推進課
事務局 株式会社シード・プランニング
会場 横浜情報文化センター6F 情文ホール
横浜市中区日本大通11番地
【アクセス】
・みなとみらい線 「日本大通り駅」3番出口 徒歩0分
・JR「関内駅」南口 徒歩10分
・横浜市営地下鉄 「関内駅」1番出口 徒歩10分
参加費 無料 (定員100名)
セミナー対象 「ヘルスケアビジネス」にご関心のある横浜市内外企業のご担当者様
参加申込方法 申込を締め切りました。多数のご参加、ありがとうございました。

プログラム

14:00〜14:05

【開会の挨拶】

横浜市経済局

14:05〜14:35

【ヘルスケアビジネスの動向】

「健康経営関連市場とデータヘルス事業動向について」  (株式会社シード・プランニング)

「健康状態を把握するためのデバイス関連市場について」 (株式会社シード・プランニング)

14:35〜14:45

休憩

14:45〜16:40

【事例紹介】

事例1 「モバイルヘルスケアサービスの実例と未来」
     『ルナルナ』『CARADA』から得られた知見とその活用方法    (株式会社エムティーアイ)

事例2 「ベッドセンサーを活用した高齢者施設見守りシステムについて」
     バイタルデータをモニタリングして介護業務負担、介護リスクを軽減する(株式会社マクニカ)

事例3 「ヘルスチェック&ソリューション」
     スマートヘルスチェックから始まるセルフメディケーション    (株式会社ウエルアップ)

事例4 「ヘルスケアラボを通じた保険外サービスの創造」
     社会参加寿命延伸のための「通い場」作り            (株式会社プレイケア)

事例5 「動きとチカラを可視化する!次世代IoTウェアラブルデバイス『PULSTONE™』」
     有酸素運動プラットフォームCyberCycの紹介           (メドビジランス株式会社)

事例6 「働くヒトのライフスタイルを豊かにする」ぷち社食サービス「オフィスおかん」
     低予算で・すぐに・手軽に開始可能!従業員満足度97%の福利厚生サービス(株式会社おかん)

事例7 「予防ヘルスケアプラットフォーム×パーソナライズAI(人工知能)」
     一人ひとりに最適なソリューションを提供する予防ヘルスケアマネジメントサービス
                                    (株式会社FiNC Technologies)

16:40〜16:55

【横浜市の取り組み】

横浜市が推進する健康経営について
「よこはまウェルネスパートナーズ」について

16:55〜17:00

【閉会の挨拶】

横浜市経済局


「医療/ヘルスケアセミナー」は無事終了いたしました。
多数のご参加をいただき、誠にありがとうございました。

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得