セミナー/フォーラム

ホーム > セミナー/フォーラム > その他のセミナー/フォーラム > アジアの医薬品市場セミナー

アジアの医薬品市場セミナー〜中国、インドネシア、フィリピン、タイ、ベトナム〜

アジアの医薬品市場セミナー
〜中国、インドネシア、フィリピン、タイ、ベトナム〜

日時:2016/09/29 (木)13:30〜17:20 

会場:株式会社シード・プランニング セミナールーム

セミナーの内容

◎中国の最新動向(審査承認の加速、医薬品の使用状況、上場企業の実態、欧米企業の投入製品)
◎中国の「公定薬価制度」から「自由薬価制度」へと移行、医薬品価格の引き下げが一層加速
◎なぜASEANの医薬品市場は日本の製薬企業にとって魅力的なのか? その理由とは?
◎インドネシアの統一医療保険制度(SJNS)の開始、国家必須医薬品リスト、政府のGEリスト
◎フィリピンの公的医療保険(フィルヘルス)、価格規制、政府による医薬品の並行輸入実施
◎タイの3つの公的医療保険、「HITAP」による薬剤経済評価、特許薬に対する強制実施権の発動
◎ベトナムの強制加入型の社会医療保険SHIと民間保険、必須医薬品リスト、価格規制、薬価水準

セミナー詳細

13:30〜14:30

【第一講義】
中国医薬品市場の最新動向と自由価格制度の行方

講師
株式会社シード・プランニング シニアコンサルタント
沈 友敏

14:40〜16:00

【第二講義】
ASEAN主要国の医療保険・薬価制度の概要と医薬品市場の動向(1)
〜インドネシア・フィリピン〜

講師
オフィス・メディサーチ代表、城西国際大学大学院 非常勤講師
松原喜代吉 氏

16:10〜17:20

【第三講義】
ASEAN主要国の医療保険・薬価制度の概要と医薬品市場の動向(2)
〜タイ、ベトナム〜

講師
オフィス・メディサーチ代表、城西国際大学大学院 非常勤講師
松原喜代吉 氏

講師プロフィール

松原喜代吉 氏

日本大学法学部卒業。内資・外資系製薬企業に26年間勤務し、MR、営業所長、支店長、病院部長、特約店推進室長、戦略企画室長等を務める。2004年3月、有限会社オフィス・メディサーチを設立し、取締役社長に就任。2008年より、城西国際大学非常勤講師を兼務(医療経営論)。中小企業診断士(2001年登録)。

沈 友敏

上海生まれ、1988年来日。株式会社シード・プランニングに勤務する。20年以上にわたり、中国の医薬品市場やビジネスを観察・研究し、コンサルタント、調査、執筆、講演などを活躍中

アジアの医薬品市場セミナーは無事終了いたしました。多数のご参加をいただき、誠にありがとうございました。

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得