セミナー/フォーラム

ホーム > セミナー/フォーラム > その他のセミナー/フォーラム > 第1回オミックス医療研究会交流フォーラム

第1回 オミックス医療研究会交流フォーラム

  〜ゲノム臨床医学の実現に向けて〜
第1回 オミックス医療研究会交流フォーラム

日時:2012/01/26(木)   フォーラム13:00〜17:00、懇親会17:00〜18:30

会場:株式会社シード・プランニング 東京本社 セミナールーム(新住所)

【開催趣旨】
 オミックス医療研究会では、オミックス情報を活用して医療に貢献することを目指して活動を行っています。その事業として「オミックス情報に基づいたトランスレーショナルリサーチの方法論の開発と臨床応用への基礎論の構築」があり、研究会の活動を通じて
  ・ オミックス創薬・トランスレーショナル研究の方法論の開発と研究推進
  ・ 診療バイオマーカーの組織的方法論の構築
  ・患者特異的分子ネットワークの歪みの認識をベースにした「システム生物学」の体系化
   を進めています。これらの研究分野は今後メディカル分野において波及していくと考えられます。
 この度、当研究会主催で「第1回 オミックス医療研究会交流フォーラム」を開催いたします。本フォーラムではオミックス研究分野に関連して大学、産業界、省庁関係者をお招きし、オミックス情報が今後どのように医療に活かされていくのかを中心にご講演いただきます。また講演者と参加者の方々が直接議論、情報交換できる機会をご提供したいと考えております。
 企業の皆様におかれましては是非交流フォーラムへのご参加を検討下さい。また本研究会の活動にご賛同頂き、賛助会員への入会をご検討賜りたくお願い申し上げます。一口10万円(年間)からお申込を承っております。何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


フォーラム詳細(予定)

 東日本大震災において甚大な被害を受けた東北地方の医療機関の復興の目玉として「東北メディカル・メガバンク」構想が検討されております。東北メディカル・メガバンク構想では、患者の医療情報や生体試料とともにゲノム情報を一元管理する複合バイオバンク計画や、1万家系7万人を対象にした垂直ゲノムコホートなど被災地でしかできない世界最先端のゲノム臨床医学研究が計画されています。
 今回のフォーラムでは、本計画を主導されている東北大学医学部長・山本雅之先生をお迎えし、東北メディカル・メガバンク構想の取組みについてご講演いただきます。
 また産業界、レギュレーション関係者にもご講演頂き、ゲノム医療、創薬について参加者の皆様とのディスカッションも予定しております。オミックス医療研究の情報発信および参加者との活発な意見交流が図られることを期待しております。
 会終了後には懇親会も予定しておりますので是非お気軽にご参加下さい。

13:00〜13:05

【挨拶】

オミックス医療研究会 会長
田中 博 氏

13:05〜13:10

【事務局挨拶】

13:10〜13:30 (20分)

【基調講演】

オミックス医療研究会 会長
田中 博 氏

13:30〜14:30 (60分)

【講演】
「東北メディカル・メガバンク構想」

講師
東北大学 医学系研究科 医学部長
山本 雅之 氏

14:30〜15:00 (30分)

【講演】
※調整中

【休憩 20分】

15:20〜15:50 (30分)

【講演】
※調整中

15:50〜16:20 (30分)

【講演】
※調整中

16:20〜16:50 (30分)

【質疑応答・意見交流】

16:50〜17:00

【閉会挨拶】

17:00〜18:30

懇親会

第1回 オミックス医療研究会交流フォーラムは無事終了いたしました。多数のご参加をいただき、誠にありがとうございました。

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得