セミナー/フォーラム

ホーム > セミナー/フォーラム > 医療介護共同研究会[地域包括ケアシステム研究会] > 2015年度 > 第6回

ビジネスモデル小説家・楡周平氏講演 プラチナタウンと地方創生〜高齢社会の課題解決型ビジネスモデル〜

医療介護共同研究会[地域包括ケアシステム研究会]の概要

テーマ ビジネスモデル小説家・楡周平氏講演
  プラチナタウンと地方創生
〜高齢社会の課題解決型ビジネスモデル〜
開催日・時間 2016/03/25(金)研究会16:00〜17:45 情報交換会17:50〜18:50
会場 株式会社シード・プランニング 東京本社 セミナールーム

CCRC (Continuing Care Retirement Community)とは、1970年代の米国で始まった「高齢者が健康な状態から要介護になっても終身で暮らせる共同体」。日本で高齢化が進むにあたり、日本版のリタイアメント・コミュニティと高齢者の移住による地方創生を推進する自治体等が増えています。
楡周平氏は、日本で地域包括ケアシステムや地方創生が注目される以前の2008年に「過疎化」「高齢社会」「地方の活性化」をテーマにした小説『プラチナタウン』を出版され、ドラマ化もされる等、大きな注目を集めました。また、昨年は『プラチナタウン』の続編『和僑』を上梓されています。
第6回地域包括ケアシステム研究会では、時代を先取り、新たなビジネスモデルを創造する楡周平氏にご講演いただき、高齢社会と街づくり、地方活性化、高齢社会の課題解決型ビジネスモデルについてディスカッションします。

[地域包括ケアシステム研究会]の詳細

16:00〜16:05

【挨拶】

医療介護共同研究会会長/一般財団法人 オレンジクロス 理事長
セントケア・ホールディング株式会社 執行役員 医療企画本部長/
セント・プラス少額短期保険株式会社経営顧問
岡本 茂雄 氏 ほか

16:05〜17:15

【講演】
「プラチナタウンと地方創生〜高齢社会の課題解決型ビジネスモデル」(仮題)

講演者
小説家 楡 周平 氏

17:15〜17:45

【質疑応答・総合討論】

進行
医療介護共同研究会会長 岡本 茂雄 氏

17:50〜18:50

情報交換会

名刺交換、情報交換を目的とした会です。
※軽食をご用意致します。
※情報交換会は参加費 2,000円(税込)を頂戴致します。

講演者・総合討論司会者プロフィール

楡 周平 氏

小説家

1957年生まれ。慶應義塾大学大学院修了。米国企業日本法人に入社し、80億円に及ぶ物流プロジェクトを手がける。
1996年、在職中に犯罪小説『Cの福音』を宝島社より出版し、30万部のベストセラーに。その後は小説執筆に専念するために米国企業を退社。前作の続編となる『猛禽の宴』を出版する。『虚空の冠―覇者たちの電子書籍戦争―』『再生巨流』『異端の大義』『ラスト ワン マイル』『衆愚の時代』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京』『プラチナタウン』『介護退職』『和僑』等、著書多数。

岡本 茂雄 氏

医療介護共同研究会会長/一般財団法人 オレンジクロス 理事長
セントケア・ホールディング株式会社 執行役員 医療企画本部長/
セント・プラス少額短期保険株式会社経営顧問

大学卒業後、株式会社クラレにおいて介護ショップの事業化を皮切りに、株式会社三菱総合研究所において介護・医療分野を担当。明治生命グループ(現明治安田生命保険相互会社)において、介護および医療分野を担当、2事業会社を設立。2007年10月セントケア・ホールディングに入社、新規事業開発ならびに訪問看護事業部門の責任者として、新規保険会社の設立や、最大規模の訪問看護ネットワークを構築。1998年には「医療・介護・健康・社会保障全般に関する知識習得、事業戦略を前向きに研究すること」を目的とした「医療介護共同研究会」を設立、現会長。

本回の医療介護共同研究会[地域包括ケアシステム研究会]は無事終了いたしました。
多数のご参加をいただき、誠にありがとうございました。

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得