セミナー/フォーラム

ホーム > セミナー/フォーラム > 医療介護共同研究会[地域包括ケアシステム研究会]

医療介護共同研究会[地域包括ケアシステム研究会]

開催予定

現在準備中です。しばらくお待ちください。

2016年度の研究会はこちらのページをご覧下さい。

※これまでの開催履歴一覧につきましては、開催年度別アーカイブをご確認ください。

医療介護共同研究会[地域包括ケアシステム研究会]について

「医療・介護・健康・社会保障全般に関する知識習得、事業戦略を前向きに研究すること」を目的として1998年に発足。介護保険による新しいビジネスモデルを研究し、メタボ健診制度の開始とともに健康関連産業の可能性を研究してきました。また、2011年より、「地域包括ケアシステム」をテーマに取り上げ、2011年度は慶應義塾大学大学院教授 田中滋先生を座長にお迎えしました。
会長は、セントケア・ホールディング株式会社 執行役員 岡本茂雄氏が務め、医療、介護、ヘルスケア、IT、金融等の幅広い分野の会員が参加し、活発な議論が行われています。

地域包括ケアシステム

■ 団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される「地域包括ケアシステム」の構築が推進されていくというもの。介護保険の視点から見た地域包括ケアは主たる対象が高齢者となっているが、本来は地域のすべての人を対象としたシステム。

■ 保険者である市町村や都道府県が、地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に応じて作り上げていく。

参加方法

医療介護共同研究会[地域包括ケアシステム研究会]への参加お申込みは、参加募集要項ページにて承っております。

開催年度別アーカイブ

2016年度 /  2015年度 /  2014年度 /  2013年度 /  2012年度 /  2011年度

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得