セミナー/フォーラム

ホーム > セミナー/フォーラム > 21世紀の医療ビジョンフォーラム > 2018年度 > 第3回
フォーラム詳細 | 講師プロフィール

産官学連携と創薬

2018年度 第3回 フォーラム概要

テーマ 地域包括ケア推進における医薬品の役割
開催日・時間 2018/10/30(火)14:00〜18:00(受付 13:30〜)
会場 株式会社シード・プランニング 4F セミナールーム
参加費 単回参加:30,000円(税抜・資料代含む)
第3回・第4回参加:40,000円(税抜・資料代含む)
※同法人から2人目以降は1万円/回(税抜)
申込み方法 「2018年度 第3回 21世紀の医療ビジョンフォーラム」お申し込みフォームよりお申し込みください。折り返し担当者よりご連絡させていただきます。

フォーラム詳細

14:00〜14:10

開会挨拶

14:10〜15:10

【講演1】
地域医療における医薬品適正使用と要指導・一般用医薬品の役割

講師
慶應義塾大学薬学部病院薬学講座教授
望月 眞弓 先生

講演要旨
地域包括ケアシステムを構成する、医療、介護、予防、住まい及び自立した日常生活上の支援において、薬局には重要な役割がある。処方箋に基づく調剤と適正な薬物治療の実践の支援、在宅や介護施設における適切な医薬品供給、薬物治療によるADLやQOLの低下やポリファーマシーや残薬問題への対応など多岐にわたる。さらに、保健・予防においては健康食品や要指導・一般用医薬品を適切に活用することを支援することも必要になる。本講演では、地域医療における医薬品の適正使用の推進と要指導・一般用医薬品の役割を中心に、薬剤師が支援できること、すべきことをお話しする。

15:10〜15:20

休憩

15:20〜16:20

【講演2】
製薬企業の地域医療への対応

講師
エーザイ株式会社 理事 hhcソリューション本部 本部長
加藤 慶悟 先生

16:20〜16:30

休憩

16:30〜17:30

【講演3】
理想的な患者(薬剤)の流れをつくるために地域包括ケアに
コミットする製薬企業

講師
村情報技術株式会社 コンサナリスト®事業部 事業部長
川越 満 先生

17:30〜18:00

【名刺交換会】

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得