市場調査/コンサルティング

ホーム > 市場調査/コンサルティング > 市場調査事例 > 妊娠に葛藤を抱える女性に対する支援を実施する機関の支援方策に関する調査

妊娠に葛藤を抱える女性に対する支援を実施する機関の支援方策に関する調査研究報告書

令和2年度に実施された「予期せぬ妊娠をした女性が出産を選択した場合における母子ともに安心・安全に出産できるための取組と出生した子どもへの支援に関する調査研究」の結果を受け、令和3年度は、妊娠した事実を前向きに受け止めることが困難である女性のうち、特に「産むか・産まないか」、「自身で養育するか・しないか」という葛藤を抱える女性を「妊娠に葛藤を抱える女性」と位置付け、妊娠に葛藤を抱える女性に対する支援の実態や課題を整理・可視化することを目的として本調査研究を行いました。

概要

日本国内において妊娠に葛藤を抱える女性に対して各種の支援を提供している機関や団体を調査対象とし、各調査対象が妊娠期から出産、産後の期間を通じてどのような支援を行っているかを明らかにすることを目的として実施しました。

調査方法

・国内で妊娠に葛藤を抱える女性に対する支援を提供する民間の支援団体へのヒアリング調査
・全国の都道府県、市町村、特別区に対してのアンケート調査

妊娠に葛藤を抱える女性に対する支援を実施する機関の支援方策に関する調査研究報告書.pdf

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得