プレスリリース

ホーム > プレスリリース > 2007年 > 09月06日発表

インターネット広告の使用状況を調査

2007/09/06

日本の有力広告主の60%以上がインターネット広告を使用
使用率が高い業種は情報・通信、不動産・住宅設備、金融・保険

調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(東京・台東 梅田佳夫社長)は、インターネット広告について継続的な調査を行っているが、2007年度の調査ではインターネット広告の使用状況の調査を行った。

本調査の結果のポイントは以下のとおりである。

日本の有力広告主の61.4%がインターネット広告を使用。
情報・通信、不動産・住宅設備、金融・保険等は高い使用率が判明

シード・プランニングではインターネット広告市場調査の一環として、2007年度は特に日本の広告費上位企業に対して、インターネット広告の使用の有無についての電話アンケートを実施し、303社から回答を得た。

本調査によれば、有効回答303社のうちインターネット広告を使用している企業は186社でインターネット広告の使用率は、全体の61.4%で全業種平均で既に6割を超えていることが明らかになった。

【図1】業種別利用率

インターネット広告使用率全業種平均(61.4%)より高い業種は、情報・通信業82.1%(回答28社中使用23社)、不動産・住宅設備業72.4%(回答29社中使用21社)、金融・保険業70.0%(回答20社中使用14社)であった。また、食品業50.0%(回答22社中使用11社)、流通・小売業50.7%(回答71社中使用36社)は利用率が50%近辺であり、インターネット広告の使用率が低かったのは、エネルギー・素材・機械業で32.0%(回答25社中8社利用)という結果であった。

広告主業種別インターネット広告導入時期

また今回の調査では業界関係者にヒアリング調査を行い、過去十年にさかのぼって、どの時期にどの業種において、インターネット広告の利用が定着したかについて調査した。結果は以下の通りであった。

【図2】広告主業種別インターネット広告導入時期

インターネット上でビジネスを完結させている情報通信、ECや、ビジネスフローにインターネット上でのビジネスをいち早く取り入れた金融、健康食品、化粧品等の業種からインターネット広告の利用が普及していったことがわかった。

<調査概要>

調査レポート名
2007年版インターネット広告の市場動向調査」 (2007年8月22日発刊)
調査項目
  1. インターネット広告市場規模
  2. 広告主のインターネット広告利用率
  3. 事業者ヒアリング調査結果
  4. PC向け広告効果測定市場
調査対象
インターネット広告関連事業者約30社
日本の有力広告主企業約300社
調査方法
訪問・電話によるヒアリング調査
電話・FAX・mailによるアンケート調査
本件に関するお問合せ先
株式会社シード・プランニング
〒113-0034
東京都文京区湯島3-19-11 湯島ファーストビル4F
TEL : 03-3835-9211(代) / FAX : 03-3831-0495
E-mail : info@seedplanning.co.jp
担当 : 野下,山本

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得