セミナー/フォーラム

ホーム > セミナー/フォーラム > その他のセミナー/フォーラム > 「医薬品英文ライセンス契約書−読み方・書き方の基礎から応用まで−」

「医薬品英文ライセンス契約書−読み方・書き方の基礎から応用まで−」

医薬品ライセンス実践講座 (初級・中級者向け)

「医薬品英文ライセンス契約書−読み方・書き方の基礎から応用まで−」

   [主催] OISファーマパートナー合同会社
   [共催] 株式会社シード・プランニング

日時:2017/08/22(火)13:20〜17:00 (13:00受付/開場)

会場:株式会社シード・プランニング 4F セミナールーム

主旨

日本ベーリンガーインゲルハイム(株)で医薬品ライセンス契約書をはじめ、数多くの契約書の作成を担当され、古野電気(株)および東洋炭素(株)で法務部長を歴任された加藤正彦氏に医薬品英文ライセンス契約書の読み方・書き方について、基礎から注意点まで講演いただき、最後にワークショップとして受講者に医薬品英文ライセンス契約書修正の演習を行っていただきます。尚、加藤氏より医薬品英文ライセンス契約書の雛型を提供いただきます。

セミナー項目

13:20〜17:00

「医薬品英文ライセンス契約書−読み方・書き方の基礎から応用まで− 」

講師
KATO行政書士OFFICE
加藤 正彦 氏

1. 英文契約書の特徴
   書式、条文構成、表現、用語・慣用句等
   (契約書に頻出する表現や用語の意味と使い方を中心に)
2. 医薬品英文ライセンス契約書の解説
   各条項の読み方と書き方(基礎〜応用)
   (日本企業が米国企業に医薬品の特許をライセンスアウトする事例の契約書を基に説明)
   (ライセンスの基本的な考え方とそれに基づく各条項の趣旨や注意点の説明を含む)
3. 例題を使った医薬品英文ライセンス契約書修正の演習
   主要条項(2つ程度)の修正(PCによるグループ演習)
   (講評と回答例の説明を含む)

★セミナー後、ネットワーキングレセプション開催:
  同ビル1Fにて開催。飲み物・軽食を用意いたします。
  参加はセミナー参加者以外も歓迎。

講師略歴

加藤 正彦 氏

KATO行政書士OFFICE

1983 - 2006  日本ベーリンガーインゲルハイム(株)
経営企画部と法務部で、ライセンス契約や共同研究契約など各種契約を担当した他、
ドイツ本社特許部・商標部のリエゾンとして活動
2006 - 2008  古野電気(株) 法務室長
2008 - 2015  東洋炭素(株) 法務部長
2015 -     KATO行政書士OFFICE
英文契約書の作成と翻訳(翻訳会社とフリーランス契約)を中心に活動

参加方法

受講料 3万5千円/1名(テキスト代金、税金を含む)。
1会社(団体)より2名以上の申し込みの場合は3万円/1名(テキスト代金、税金を含む)。
ネットワーキング・レセプション参加料:4千円/1名(税金を含む)。
※ネットワーキング・レセプションのみの参加も受け付けております。
お申込み先 お申し込みフォームはこちらになります。 ⇒ http://oispharmapartner.com/2017-08-22/
※OISファーマパートナー合同会社のサイトに移動します。

お問い合わせ先

「医薬品英文ライセンス契約書−読み方・書き方の基礎から応用まで− 」セミナーに関するお問い合わせについては、下記までご連絡ください。

お問い合わせ先
OISファーマパートナー合同会社(Tel: 072-986-5435)
E-mail : iku.sugioka@oispharmapartner.com

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得