セミナー/フォーラム

ホーム > セミナー/フォーラム > 近未来映像情報フォーラム > 2008年度 > 第7回

車ナカ・駅ナカ・街ナカのメディア・コンテンツビジネス

フォーラム概要

テーマ 車ナカ・駅ナカ・街ナカのメディア・コンテンツビジネス
開催日・時間 2009/03/26(木) 15:30〜20:00
会場 株式会社シード・プランニング セミナールーム

フォーラム詳細

15:30〜

【講演】
鉄道系広告会社が考えるメディア・コンテンツビジネス

講師
株式会社ジェイアール東日本企画 クロスメディア局 局長
萩原 浩平 氏
  • 媒体社と広告会社の機能を持つ会社〜それぞれの事業戦略
  • 「広告ビジネス」としての車ナカ、駅ナカ、街ナカへの取り組み
  • 「ハード(システム、設備・装置)」から「ソフト(コンテンツ、表現ギミック)」へ
  • 我々が目指すメディア・コンテンツビジネス

17:00〜

【講演】
トレインチャンネルのデビューから現在、そして今後

講師
株式会社ジェイアール東日本企画 交通媒体局 媒体開発部 副部長
星 大 氏
  • 各線への導入と現状
  • システムの概要
  • 広告販売と放映内容の変遷
  • コンテンツについて
    SS無線時代/ミリ波改修とコンテンツ/現状のコンテンツ編成
  • 今後の広告販売とコンテンツ

18:30〜

懇親会

講師・参加者の情報交換会
※近隣のお店にて

講師プロフィール

萩原 浩平(はぎわら こうへい) 氏

立教大学経済学部経済学科卒業。
出版・企画会社、衆議院議員秘書、大手広告会社、業態・空間開発会社、スポーツマーケティング会社などを経て、株式会社ジェイアール東日本企画に入社。マーケティング局、交通媒体局(媒体社部門)を経て、現在クロスメディア局、局長として勤務。

一般消費財から耐久財、コンベンション企画や大規模商業施設やテーマ型業態店舗の開発、さらにはスポーツ・プロパティの開発など、様々な企画、マーケティング業務に従事。
株式会社ジェイアール東日本企画では、JR東日本やグループ企業の企画、マーケティングを担当後、JR東日本の交通媒体販売部門に移り、トレインチャンネル、ステーションチャンネル、Suicaポスター(通称Suipo)、などのデジタル系メディアの企画、立ち上げに関わる。現在は、交通広告や屋外広告、インターネット広告、モバイルコンテンツ運営(JRトラベル・ナビゲーター、ケータイ国盗り合戦)等々のマスメディア以外のメディアの仕入れ、企画開発部門であるクロスメディア局の責任者を任されている。

星 大(ほし ひろし) 氏

日本大学芸術学部放送学科卒業。
CM制作プロダクション株式会社21インコーポレーション、株式会社東洋シネマを経て株式会社ジェイアール東日本企画に入社、制作部に配属。
90年代JR東日本の「JR SKI SKI 」キャンペーン、「ビューカード」入会促進キャンペーン等を担当する。

2002年のトレインチャンネル誕生時に、プロジェクトの一員として参加。その後デジタルコミュニケーション局に異動しトレインチャンネルのコンテンツ制作、商品企画等に本格的に携わる。2004年に交通媒体局車両メディア部に異動し、営業・販売等も含めトレインチャンネル業務全般の専従となる。2005年10月の山手線ミリ波改修、2006年中央線への導入、2007年京浜東北線導入において、商品、コンテンツとの関係を鑑み、その仕様決定等を担当。2008年6月より現部署。引き続きトレインチャンネルのコンテンツの企画構成・仕入れ、新線への導入等を中心に、その他デジタル系の新媒体の設置等にも関わる。

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得