セミナー/フォーラム

ホーム > セミナー/フォーラム > 近未来映像情報フォーラム > 2008年度 > 第5回

デジタルサイネージ1兆円産業への道

フォーラム概要

テーマ デジタルサイネージ1兆円産業への道
開催日・時間 2008/12/09(火) 15:30〜20:00
会場 株式会社シード・プランニング セミナールーム

フォーラム詳細

15:30〜

【調査報告】
デジタルサイネージ市場の現状と今後の方向性

報告者
株式会社シード・プランニング 主任研究員
加藤 鈴佳

16:00〜

【講演】
デジタルサイネージのメディア融合と近未来

講師
デジタルサイネージコンソーシアム常務理事
(デジタルメディアコンサルタント)
江口 靖二 氏
  • デジタルサイネージの概要
  • デジタルサイネージのメディア特性
  • デジタルサイネージのシステム
  • デジタルサイネージのコンテンツ
  • デジタルサイネージと放送の融合
  • デジタルサイネージとモバイルの融合
  • デジタルサイネージの課題
  • デジタルサイネージの近未来

17:15〜

【講演】
世界各地のデジタルサイネージ事例から動向を読む

講師
デジタルサイネージ総研 所長
株式会社JAMMU 代表取締役
坂東 穣 氏
  • ヨーロッパの事例と特徴的なビジネスモデル
  • 100万台に迫るアメリカのデジタルサイネージと広告ネットワーク
  • 最先端を走る中国のデジタルサイネージ事例
  • 急速に広がるインドのデジタルサイネージ
  • 韓国のデジタルサイネージ最新事例
  • デジタルサイネージの近未来とアンビエント・メディア

18:30〜

懇親会

講師・参加者の情報交換会

講師プロフィール

江口 靖二(えぐち やすじ)氏

1986年慶應義塾大学商学部卒、慶應義塾大学新聞研究所修了。
日本ケーブルテレビジョン(JCTV)入社。技術局、制作局、マルチメディア室、経営企画室を経て開発営業部長。CS、BS、地上波の番組制作、運用を経験。
2000年AOLジャパン入社、コンテンツ部プログラミングマネジャー。
2002年プラットイーズ設立に参画し放送通信領域のコンサルティングに従事。
2008年独立。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事、慶應義塾大学DMC機構研究員などを兼務。

坂東 穣(ばんどう みのる)氏

京都大学工学部機械工学科および建築学科を卒業。在学中に1年間ロータリー奨学生としてイタリア、ミラノ工科大学に留学。妹島和世建築設計事務所を経て独立、2004年度JCDデザイン賞にて審査員特別賞(原研哉賞)を受賞。一級建築士。
2005年より株式会社BOOSTARS取締役としてモバイル・ウェブ・サービスの開発を主導。
2007年より株式会社JAMMU代表取締役としてデジタルサイネージ総研を立ち上げる。
現在は海外取材を軸に、日本国内でのデジタルサイネージの普及・発展のための講演・執筆・コンサルティングを行うほか、都市や建築・アートといった文化的側面からデジタルサイネージの可能性について独自の情報発信を続けている。

プレスリリース

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得