セミナー/フォーラム

ホーム > セミナー/フォーラム > 21世紀の医療ビジョンフォーラム > 2017年度 > 第4回
フォーラム詳細

GDP(案)への取り組みと医薬品トレーサビリティ

フォーラム概要

テーマ GDP(案)への取り組みと医薬品トレーサビリティ
開催日・時間 2017/11/22(水)14:00〜17:00 (懇親会17:15〜)
会場 株式会社シード・プランニング 4F セミナールーム
参加費 35,000円(税抜・懇親会費含)
申込み方法 こちらをご覧ください

フォーラム趣旨

厚生労働省は、今年6月から休止していた「医療用医薬品の偽造品流通防止のための施策のあり方に関する検討会」を秋口には再開し、医薬品の適正流通基準(GDP)の制度的な位置づけが検討されようとしています。
この結果は、薬機法の改正へと繋がると考えます。
製薬企業、卸、薬局、行政など、種々の観点からの対応が求められことから、内容の正しい認識とその対応が、明日への大きな布石となります。
そこで、第3回は、特に偽造医薬品と流通ガイドラインに焦点を当て、また第4回にはGDP(案)への取り組みと医薬品トレサービリティーに焦点を当てて開催します。是非セットでの聴講をお勧めします。

フォーラム詳細

14:00〜14:15

開会挨拶

14:15〜15:15

【講演1】
医薬品流通の現状と課題:偽薬問題を中心として

講師
青山学院大学 経営学部 教授
三村 優美子 氏

15:15〜15:30

休憩

15:30〜16:30

【講演2】
21世紀の国民医療における医薬品の開発・流通と制度

講師
京都大学名誉教授
赤池 昭紀 氏

16:30〜17:00

Q&A・全体討議

17:00〜

閉会挨拶

17:15〜(18:15終了予定)

懇親会

参加方法

第4回 21世紀の医療ビジョンフォーラムへの参加お申込みは、参加募集要項ページにて承っております。

プライバシーマーク

特定商取引に関する法律に基づく表示

調査レポート、フォーラム等の更新情報RSSを取得